「2017年 川辺二日市」御報告/上村

c0315907_17593165.jpg











梅の花も芽吹き、

あたたかさが見え隠れするなか、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

2017本場大島紬クイーンの上村です。

先週末の2月4日から5日の2日間、

鹿児島県の川辺(かわなべ)で開催された

川辺二日市に4日は讃井、

5日は私、上村が本場大島紬のPRと

お手伝いに行って参りました。




c0315907_18002683.jpg












約230年の歴史をもつ川辺二日市は

町の中心商店街約1.3kmに渡る両側に

露店約400店舗がずらりと並び

フリーマーケットや九州骨董市

バナナのたたき売りや、猿回し

チンドン行列など大道芸もあり

イベントが盛りだくさんでした。

この川辺二日市に私たち「本場大島紬」と

「川辺仏壇」「薩摩焼」といった

鹿児島の3伝統工芸品が揃って

出展致しました。


c0315907_18012784.jpg














c0315907_18015109.jpg












伝統的工芸品とは、

昔ながらの伝統的技術と材料でつくられる

日常生活の中で使い続けられてきた

工芸品のこと。

鹿児島県での経済産業大臣指定を受けた

「国指定伝統的工芸品」は

この3工芸品のみとなっています。

皆様、ご存知でしたでしょうか?


c0315907_18023286.jpgc0315907_18025759.jpg

























私たち本場大島紬クィーンは

出展ブース内で来場された皆様に

大島紬製品を御紹介したり

露店が並ぶ大通りを、

大島紬の着姿で歩いてPRを行なって

来場された皆様に、大島紬の

良さを直に触れていただきました。

「大島のストールって、いろんな色があるのね~、軽いわね~!」

「カバンメーカーと大島紬のコラボもあるのね!」

「屋久杉染めの大島紬とかもあるの!?」

などなど、生のお声を頂き

沢山の笑顔に出会うことができました。


その後、大島紬の洋装や

ストールを実際に着装して

製品のPR撮影も行いました。
c0315907_18032563.jpg













c0315907_18040167.jpg













実際に着用してみると

大島紬の絣に立体感が生まれ

絹独特の光沢の美しさや、

線の柔らかさも見ることができ、

あたたかさも実感いたしました。
c0315907_18042860.jpg















大島ストールも、艶やかで

お顔の印象を「ぐっ」と引き立てます!

ぜひ皆様お手に取られてみてください。


そして今回は

本場大島紬ブースに隣接し出展された

同じく国指定伝統工芸品の

川辺仏壇と薩摩焼をじっくりと

見ること・知ることができました。

川辺仏壇のもつ「彫り」「漆塗」

「細かい装飾」や「丹念な手作業」に

感銘を受けつつ

仏壇は一生モノとして購入するのが

普通だろうと思いきや

節目ごとに買いかえる方もいると

お聞きし、驚きました。

仏壇自体が1つの芸術作品と考えれば

分かる気もしました。

薩摩焼では、土のもつあたたかさや、

手にスッと入る感触が心地よく、

馴染みあるものでした。

どちらの工芸品も目にはするものの

日常の生活の中ではじっくり鑑賞する

機会がなかったので

今回は貴重な体験となりました。

今回、本場大島紬ブースに

お越しくださいました皆様

お声をかけてくださいました皆様

ありがとうございました。







[PR]
by tsumugiqueen | 2017-02-10 18:22 | 2017Q/上村
<< 「2017つむぎコレクションi... 2017クィーン表敬訪問 御報... >>