<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2017クィーン表敬訪問 御報告/讃井


c0315907_17003777.jpg









2017本場大島紬クイーンの讃井です。

去る2月26日

鹿児島県庁 並びに 鹿児島市役所市をはじめ

行政関係/経済団体様を、表敬訪問させていただきました。

c0315907_17025302.jpg








c0315907_17053226.jpg

c0315907_17034318.jpg






























c0315907_08171389.jpg















三反園訓県知事、小林洋子県副知事、森博幸市長はじめ皆様と

大島紬の魅力について、お話する時間をいただくことができました。

c0315907_17043485.jpg


















三反園知事からは

「大島紬は軽くて着心地が良いのは私も実感している。

需要の低迷や後継者不足が問題視されているので、

魅力をもっと広めていきたい。」

という、あたたかい励ましのお言葉もいただきました。


私たちもお話させていただくことで、改めて

もっと多くの皆様に本場大島紬の魅力を知っていただきたい

との思いが強まりました。

c0315907_17061457.jpg


















この度のことを、テレビ・新聞各社多くのメディアが

取り上げてくださいました。


《大島紬を世界へ!》


さらに精進してまいります。

c0315907_17065657.jpg












c0315907_17072685.jpg


[PR]
by tsumugiqueen | 2017-01-31 17:12 | 2017Q/讃井

2017「観光連盟新年互礼会」御報告/上村

c0315907_10193353.jpg

2017本場大島紬クイーンの上村です。

去る1月6日

鹿児島市内の城山観光ホテルにおいて

鹿児島県内の観光関係の皆様が集まる

『平成29年 鹿児島県観光連盟関係者 新年互礼会』に

本場大島紬クィーン3名にて

出席させていただきました。

c0315907_10211556.jpg


ステージ上には

指宿市より贈呈された菜の花も飾られ

県内から集まった各地の「ミス」や「クィーン」とともに

会場を彩りました。

c0315907_10214216.jpg

c0315907_10215832.jpg


昨年は

熊本の震災影響で

鹿児島県の観光業界も不遇の年となったようです。

今年はその思いもあり

会場には650名近くの観光各関係、企業の皆様が来場し

みんなで一致団結し

鹿児島県観光界の底力を感じました。

※三反園県知事と
c0315907_10222059.jpg


県初の女性副知事となった小林洋子副知事からは

「女性向けの旅行商品企画に力を入るべき」

という御意見も出されました。

私達、本場大島紬クィーンも取材を受け

「本場大島紬クィーンとして何を伝えたいですか?」

という質問に

「大島紬を、県民の皆様にもっと身につけてほしい」

「紬の良さ、鹿児島の思いを県外の方々に伝えて頂けたら嬉しい」

とコメントいたしました。


会場では、関係の皆様と名刺交換会をさせていただきましたが

多くの皆様が、本場大島紬にも高い関心をもっておいでで

中には

大島紬をあしらったシャツを身につけておられたり

名刺入れをもっておられる方もおられて

「何か一緒に出来たらいいね、考えよう!」

「これから一緒に鹿児島県を盛り上げていこう!」

といった、あたたかいお言葉もかけていただきました。

私達、本場大島紬クィーンも

もっともっと鹿児島県のお役に立てたらと

さらに感じた1日でした。

c0315907_1025148.jpg

c0315907_10251798.jpg









[PR]
by tsumugiqueen | 2017-01-21 11:22 | 2017Q/上村

2017本場大島紬クィーン御紹介/讃井ゆかり

(事務局)
2017 本場大島紬クィーン
讃井 ゆかり(さぬい ゆかり)を御紹介いたします。


c0315907_955533.jpg


私は普段から大島紬を愛着しており

今回、大島紬クイーンに拝命いただいた事は

何よりの喜びでした。


着物好きな私は

海外でも機会があると着物を着用していましたが

民族衣装の中でも着物は、体をほぼ覆っているのにもかかわらず

色気・品があり公の場で堂々と着用できる世界でも珍しい

人々が憧れる民族衣装です。


その中でも私が大島を愛するのは

見た目の美しさだけでなく、大島紬を作る過程にあります。

気が遠くなるような一つ一つの工程を

それぞれの専門の職人さんが、伝統技術をもち、責任を持って仕上げ

次の工程へ渡していきます。

どこが欠けても成り立ちません。

「一人一人が責任を持って自分の仕事をこなし、次に渡す」

何か忘れてはいけない大切なものを

思い出させていただきました。

この伝統は残していかなければならない!

そう強く思いました。

普段、私は伝統食の普及、地産地消という活動に取り組んでいるのですが

「食」と「着物」どちらも伝統を残すという意味で

問題点も含め、共通点がとても多いと思います。

どちらも、便利さとは逆のものです。

「手間」をかける事に意義を持ち、その良さ・価値を理解し

一人でも多くの方が「残したい」と思い

行動に移さなければ何も変わりません。


大島紬クイーンとして、一人でも多くの方がこの素晴らしい大島紬を

「着用したい」そう思ってくださるきっかけ作りができるよう

上村さん、四位さんと共に活動してまいります。

多くの皆様のお力添え,、ご縁をいただき

今の私がいることに心より感謝し

伝統あるタスキに恥じぬよう、精一杯務めたいと思っております。

どうぞ、よろしくお願い致します。

c0315907_96334.jpg









[PR]
by tsumugiqueen | 2017-01-06 09:06 | 2017Q/讃井

仙巌園新年振る舞い出務御報告/四位

c0315907_965075.jpg

[PR]
by tsumugiqueen | 2017-01-04 09:09 | 2017Q/四位